So-net無料ブログ作成
検索選択

マルモのおきて、★古文入門59のおきて。 [**タイトルと著作権。]

[2][0][1][1][7][1][6]日号

2011年7月16日 : さっき、朝5時12分頃、たまたま<新・週刊フジテレビ批評>というテレビ番組を、2~3分見ていたら、

[モバQ]『マルモのおきて』 っていうドラマのタイトルは、【おきて】 という言葉を付けたのが良かった・・・・・・

といったことを、番組制作者の方も、コメンテーターの方も、おっしゃっていた。


実は、1997年4月に私、井川治久は、大学受験参考書のプロデューサーであったのだが、

[モバQ]『古文入門59の おきて』 という学習書のタイトルに、【おきて】 という言葉を選定し、付けたのは、

まさに、私である。 

1997年当時から、 この 【おきて】 は、斬新であり、響きもよく、

2011年現在でも、『古文入門59の おきて』 は、開拓社のロングセラーの一つになってる。

(著者は、村井玲子。 企画・プロデュース・タイトル考案は、井川治久。)

*59は、ご~かく と、読みます。

ちなみに、[モバQ]『現代文入門11の おきて』 という姉妹書に 【おきて】 と命名したのも、私です。

*11は、イレブン と、読みます。

(プロデューサーとして、セブンイレブンの棚に、並べたかった。本望。)

[ひらめき]以上 、3つの 【おきて】を、忘れずに[exclamation×2]

[喫茶店]井川治久 (ロングセラー著者。早稲田大学OB. ネオ開成塾(練馬区)講師。48歳。)








現代文入門11のおきて (本番に強い有名講師ハイテク講義シリーズ)

現代文入門11のおきて (本番に強い有名講師ハイテク講義シリーズ)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 開拓社
  • 発売日: 1997/11
  • メディア: 単行本



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。